HOPE #1
教育

民主的な市民としての
自律とやさしさ、行動力を育てる。

「ルールに違和感があったとき、頭ごなしに従わせるのは学校法で禁止」
20代の国政選挙投票率85%のスウェーデンの教育です。
自分たちのルールは自分たちで決める。
主権者としての強い意志が伝わります。

練馬の子どもたちにも主権者として、声をあげ、
自分たちで環境を変えられる行動力を持ってほしいと考えています。
そのために、
家庭の経済状況や障害などに関わらず、
望む教育を受けられるようになること。
子どもも市民として、意見が尊重されること。
声をあげる方法を知り、自分たちで行動できるようにサポートすること。
多様な意見を尊重しながら社会に働きかけられるよう、
異年齢やインクルーシブな中で学べること。

これらの環境が練馬に根づいていくよう、まい進しています。
子どもこそ、未来の担い手ですから。

HOPE #2
人権と多様性

一人ひとりが尊重され、
自分らしく暮らせるまちに。

みんな違って、みんないい。
多様な人びとが心を通わせながら暮らすからこそ、
豊かな社会は形成されます。
生まれたその時から、大切にされ、
だれもが生きづらさを感じることなく
暮らせる練馬にしたいと考えています。

そこで一つひとつ点検。
男性も女性も偏りなく、同じ立場で働けているでしょうか?
国籍の違いや障害のあるなしに関わらず、
インフラや望む教育を利用できているでしょうか?
自らの性を自然に受け止め、
周りにも自然に受け入れられているでしょうか?
偏見や差別、不当な扱いを受けていないでしょうか?
困ったことがあったら、公的な窓口にかんたんにアクセスでき、
適切な支援を受けられているでしょうか?

立場の弱い側、少数の声に耳を傾け、
愛を感じられるまちにしていきます。

HOPE #3
まちづくり

計画ありきで進めない。
住む人との対話を大切に。

数十年も前の計画が突如浮上して、立ち退きを求められる。
財源も不明なまま、巨額のハコモノが計画される。
こうしたことが練馬のあちこちで起こっていることをご存じでしょうか?

計画があっても、まちの人がそれを望まない時代になっていたら
見直すことが行政のあり方ではないでしょうか。
税を納める区民としても、不安です。

練馬は、穏やかな住環境や、
豊かなみどりが残るまちなみが愛されています。
平穏を乱して進める計画は、都度再考が必要です。

まちづくりは対話から。

いま、そこに住む人たちが住みよくなるように。安心できるように。
丁寧に話し合い、正すところは正しながら
よりよい練馬のまちをつくっていきます。

HOPE #4
子育て

子どもがゆたかに過ごせるように。
育ちをゆるぎなく支えられるように。

うまく声を上げられない子どもたちが、幸せを感じられているか。
小さな区民の心がいつも気になります。
保護者も困ってはいないでしょうか。
あればお声を待っています。

たとえば、保育の質などの、見えにくい課題が気がかりのひとつ。
子ども一人当たりの活動スペースが十分か。
子どもの人数が多いために目が行き届きにくくなっていないか。
保育者にはモチベーションを維持できる給与が支払われているか。

親のもとを離れて過ごす子どもたちの心や
保育・保護する人たちの声を代弁しなくては、と感じます。
産後ケアやDV対策などもしかり。

声をあげにくい区民の声を、区政に届けます。