市民の声ねりまがめざす 区政の5つの柱

    1. 「いのちとくらし」に寄り添う区政を
    2. 「自治と支え合い」を励ます区政を
    3. 「平和と人権」をつらぬく区政を
    4. 「みどりと水」が息づく区政を
    5. 「対話と公開」で区民本位の区政を

 →くわしい「市民の声ねりま政策」はこちら(PDF)

「市民の声ねりま」の政策にくわえ、高口ようことして、特に下記の5点に力を入れてまいります。 

【子育て】子どもがのびのび見守られて育つまちに

  • 保育園や学童…「数」は当然。「質」にも本気で
  • 預かり保育の拡充+予約しやすいシステムに
  • 創造力を育む遊び場を
  • 子どもが伸びる楽しい校庭に
  • 「子どもの権利条例」を作ろう

【教育】子どもも大人もともに学び、育ちあうまちに

  • 協同の学びを推進
  • 先生の負担をへらし、力を発揮できる支援を
  • 少人数編成で、一人ひとりに向き合う教育
  • 「分けない教室」で、学びを豊かに

【まちづくり】多世代がゆるやかにつながり、助けあえるまちに

  • 地域を分断する道路、声をあげて中止に
  • はらっぱやコミュニティハウス、人が集うアイディアを

【働く】自分らしく&安心して働けるまちに

  • 区内の不安定雇用、改善を
  • ワークシェア、コワーキングスペースなど、柔軟に働ける環境を

【いのち】病気やハンディがあっても、心地よく暮らせるまちに

  • 在宅医療・介護を推進
  • 病気でも働ける雇用の整備
  • 当事者や家族を支える制度